2005年12月30日

今がいい 今でいい

a_view.gif


        今年一年の感謝と、新しい年を祝福して

         皆様に アロハ と マハロ を

            北の大地から送ります

追記
posted by kako at 09:27| Comment(3) | TrackBack(0) | 生き方 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月29日

イメージ

winter_sunrise2.gif

    全能の神はご自分のイメージで人間を創った、と言われます。

    内なる庭のtikiも、イメージで夢を創ります。

    生きとし生ける全てのイメージが この美しい夜明けを創った・・・
posted by kako at 07:30| Comment(1) | TrackBack(0) | 考え方 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月28日

ガーデンティキ その2 ドリーム創り

tiki2.gif          

ガーデン・ティキは、私たちの内なる庭に居る意識です。
ガーデン・ティキでドリームを創る方法を一つご紹介しましょう。

まず、ゆっくり深く呼吸をしてください。

ご自分の内にある庭に「私の内なる庭よ、入ります」と宣言し、内なる庭が入れてくれるのを感謝してください(内なる庭での会話は、声に出しても出さなくても、どちらもOK)。

内なる庭に入ったら、ガーデン・ティキとのつながりを強くする為に、何となくでも感じる事一つに意識を集中してください。映像、図形、音、文字、五つ(あるいは六つ?!)の感覚、雰囲気・・・何でも結構です。

内なる庭での感じが強くなったら、自分の無意識を内なる庭に招き入れる準備をします。
私の内なる庭よ、私の無意識を招くのに応しい場所を用意してください
自分の無意識を内なる庭に招き入れましょう(名前をつけている方はその名前を呼んでください)。
「私の無意識よ、私の内なる庭にあなたに応しい場所を用意しましたので、どうぞいらしてください」
無意識が内なる庭に入ってきたのを感じたら、自分の夢(または自分が望む世界)のシンボル(映像、音、言葉、文字、雰囲気、感じ・・・など)を示してもらいましょう。
私の無意識よ、私の夢(または望む世続)の現時点のシンボルを示してください

(文章が得意な方はペンを、絵を描くのが得意な方は絵筆やデッサン用鉛筆を用意して何となく浮かぶ言葉や文字、映像や図を記したり、音や雰囲気、感じなどのシンボルを記録してください)

何となく何かを感じたら無意識に、「『・・・・』が私の夢(あるいは望む世界)の今現在のシンボルですね?」と確認してください。違っていたら別のシンボルを無意識は示しますので、現時点ではもう別なシンボルが示されなくなるまで繰り返すか、時間的な制約があれば「1分以内に示してください」等の要求をします。制約内で示されたシンボルでもいったん感謝して受け取ってください。

例えば私の無意識は、「家内安全・天下泰平」を私が望む世界のシンボルとして示しました。

そのシンボルが満足ならば、「アママ ウア ノア、レレ ワレア クア ラ;amama ua noa lele walea kua la(そうなれ、そうなる、そうなった、という意味)」と言います(このチャントだけは周りに聞こえない大きさでも良いので、出来る限り声に出してください)。

満足しない場合でも、無意識が示してくれたシンボルをきちんと感謝して受け入れましょう。
それから、自分の意識ロノ)と内なる庭で向き合います。

意識に満足出来る夢(または自分が望む世界)のシンボルを示してもらいましょう。「私の意識よ、私が現時点で満足出来る夢(または望む世界)のシンボルを示してください

何となく何かを感じたら、「『・・・・』が私が現時点で満足出来る夢(あるいは望む世界)のシンボルですね?」と確認してください。違っていたら別のシンボルを意識は示しますし、またご自分が満足できないなら、「別な満足出来るシンボルを示してください」等のやり取りをしましょう。

例えば私の場合は、無意識が示す私が望む世界のシンボルには満足出来なかったので意識に頼むと、「天地歓び、人満ち足りる」を示してくれ、私はその時点で満足しました。

次に、無意識にご自分が満足した新しい夢(または望む世界)のシンボルを伝えます。「私の無意識よ、現時点での私の新しい夢(または望む世界)のシンボルは『・・・・』です

アママ ウア ノア、レレ ワレア クア ラ(そうなれ、そうなる、そうなった、という意)」と言います。

最後に無意識に礼を述べて引き上げて頂き、ガーデンティキに礼を言って、内なる庭を出ます。

自分が今居る場所にきちんと戻るには、手足をもぞもぞさせて身体感覚を確かめて、ゆっくり深く呼吸をします(後で、お水を飲むと良いでしょう)。

ガーデンティキでのドリーム創りでは、夢(または望む世界)のイメージが詳しくて具体的な程、無意識はプログラムとして取り入れてそれに応じた身体活動(言動を含め)や感情的な反応をしやすくなります。

出来るだけ頻繁に、心を込めてドリーム創りをするとより効果的です。毎日5分間でも、毎週30分程(何回分かの作業をまとめてでも)なども結構です。試してみませんか・・・?

追記
posted by kako at 05:38| Comment(2) | TrackBack(0) | 実践方法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月27日

ドリーム

    dream_worker.gif

「自分が望む通りの世界」なんて夢物語?!

そうです、ハワイ式シャーマンはドリーム・ワーカーです。

夢はシンボルの世界です。何を意味するかは受け取り方次第。

受け取るのは意識です。意識のエネルギーで自分の世界を創り
ます。

そうです、ガーデンティキでドリームを創るのです。

楽しいです!


追記
posted by kako at 07:04| Comment(2) | TrackBack(0) | 考え方 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月26日

自信

           
                     lots_of_confidence.gif

自分のうちから出てくる自信は揺らぎません。

なぜでしょう?

人には三つの自己(カネ、ク、ロノ)があると、フナでは考えます。
この三つの自己が調和して一つになると、四つ目の自己である
カナロアと、呼ばれます。

カナロアは、自分のうちの聖なる在り方、つまりアウマクアとじか
につながります。

アウマクアがカナロアと一緒に働くと、うちから自信が出てきます。

内から出てくる自信は最も強力なマナです。

マナは、自分が望む通りに自分の世界を創るエネルギー源です。

自分が望む通りの世界の中では、もちろん自信満々ですよね!

それで、うちから出てくる自信は揺らがないのです。

追記
posted by kako at 05:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 考え方 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月25日

呼びかけ

calling_the_name.gif1.gif       

「可愛いちいちゃん!」と呼びかけると、母は最高の笑顔で答えます。

自分が呼ばれたい名前で呼びかけられると、最高で答えるでしょう。

呼びかける意味ですか・・・?

嬉しいから・・・

何度も何度も「可愛いちいちゃん!」と呼びかけると、母は「はーい」
と、可愛いちいちゃんの顔で答えます。

嬉しくて、二人で笑い出します。

それで、呼びかけるのです。
posted by kako at 04:20| Comment(3) | TrackBack(0) | 生き方 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月24日

アウマクアの名前

name_of_aumakua.gif

ご自分の本当の名前は、もうご存知ですね・・・

本当の名前とは「私らしさ」のシンボルですと、前にお話ししましたが、もう一歩深めた意味は、自分のアウマクアの名前なのです。

アウマクアは、たいてい先祖や家の守り神ですが、未来の自分でもあります。

未来の自分と今・ここでつながるのに一番有効な方法として、名前で呼びかけます。

まだご自分の本当の名前を知らない方は、アウマクアに尋ねてください。

尋ね方は簡単です。「私のアウマクアよ、名前を教えてください。マハロ(ありがとう)」と言ってしばらく待ってください。

待っている間、ゆっくり深い呼吸をしましょう。

何となく何かが頭に浮かんできたら、最初のを書き留めてください。

それが、あなたのアウマクアの名前です。

アウマクアは集まってアウマクア団を作ります。私たちのアウマクア団は、「アロハの偉大な星団」で、Mukula(ムークーラー)です。

意味は、mu-ku-laと読むと「静かに大地に舞い降りた太陽」です。mu-kulaと読むと、Muの源、知恵の蔵、つまりは「アロハの偉大な星団」となります。

あなたのアウマクアもこのアウマクア団の一員かもしれませんね・・・

追記
posted by kako at 01:53| Comment(3) | TrackBack(0) | フナ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月23日

贈り物

             gift.gif

「生きとし、生ける全てのものが 愛の光に包まれますように」

祈りの贈り物が届きました。

明日はクリスマス・イブですね。

サンタ・クロースのモデルとされる聖ニコラスは、贈り物を
受け取る人の顔が輝くのを見るのが好きで贈り物をしました。

彼は隠れて見ていたので、誰も贈り主を見たことがありません
でした。

今もサンタ・クロースを探している人々がいるようです。

私もかつてはそうでした。クリスマス・イブには窓に額を当
てながら、待ちくたびれて寝るのが常でした。

翌朝、たいてい下駄箱の上に贈り物が置いてありました。

「どうしてサンタさんは、私が欲しい物が分るのだろう・・・」

サンタ信者の私はサンタの存在を疑いません。

今も私が欲しい物がちゃんと届くからです。

贈り物が届くように、自分が欲しいものはっきり心で伝えて
みません・・・

たくさんのマハロ!



posted by kako at 06:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 人生 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月22日

名前

name1.gif

「みちっち」というブログ名でこのブログを始めましたが、今は「mi」という名前です。

この名前はブログ用ではなく、私の本当の名前なのです。

本当というのは「私らしさ」のシンボルという意味です。

このブログを始めたお陰で、自分の本当の名前に出会えました。

最初は「み」と書いたので、「ああそうだ!小さい頃友達に『み』と呼ばれていた・・・」と、懐かしく思いました。

それから「Mi」と書いてみたのですけど、いかめしい感じで、「mi」と書いてやっと「私らしいわ・・・」と落ち着きました。

本当の名前が、戸籍上の名前やペンネームの方は勿論いらっしゃるでしょう。でももし「ちょっと私らしくないなあ・・・」と感じている方は、ご自分の感覚にぴったりする名前を探してみてはいかがでしょう?

このブログにコメントを書く時にも使われると、素敵ですね!

追記
posted by kako at 05:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 人生 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月21日

簡単カヒ

kahi.gif

カヒ(Kahi)とは、ハワイ語で「梳かす、撫でる」を意味します。

日本にも「手当て」という表現がある通り、手で触れるだけでも癒しの効果がありますが、カヒは一層の効力を発揮します。

カヒには「偉大なカヒ」という意味のカヒ・ロアがあり、ロミロミと併用されたりしています。

ここでは簡単カヒをご紹介します。

出来れば、いつものゆっくり深い呼吸(ピコピコ)してください。出来ない場合は、ピコピコをしているイメージをしてください。

利き手で癒しが必要な箇所や部分、または人や動物を手のひらでふんわりゆっくり撫でてください。

もし可能な状況であれば、ご自分の胸に利き手を置いてもう一方の手でふんわりゆっくり撫でると、より効果的です。

さらにもし可能ならば、癒しが必要な人や動物の胸に利き手を軽く置き、癒しが必要な箇所をもう一方の手でふんわりゆっくり撫でてください。

もう十分、と感じたら終わりです。

最後に「アロハ、マハロ」と言ってくださいね(声に出しても出さなくても、どちらでもOK)。

追記
posted by kako at 10:32| Comment(0) | TrackBack(0) | フナ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月20日

ラア・ケア その2

tiki3.gif      

「ラア・ケア その1」の追記でもお話しましたが、ラア・ケアは守りではなく、調和と癒しが働きです。

それはフナの考え方と同時に、ラア・ケア自体の性質のせいです。

ラア・ケアは、オーラと全く違って意識の働きです。tikiの技なのです。

tikiには、自他の区別がありません。意識には分断がないからです。

そこでラア・ケアは、当然の様に相手(善悪無関係)にも調和と癒しをもたせします。

相手(人間、動植物、鉱物、建物や場所、あらゆる現象や出来事)もラア・ケアで包んでみませんか?

距離は全く関与しないので、遠隔ヒーリングの一つの方法にもなります。

ここでは、色に代わりる方法をご紹介しましょう。

ゆっくり深い呼吸をし、自分を「聖なる光」で包んでから、「宣言」いたします。

例えば、
白・透明あるいは虹色の代わりに「調和!」
朱・ピンクの変わりに、「はっきり!」
オレンジ・桃色(青みがかったピンク)の
代わりに、「集中!」
黄色の代わりに、「中心!」や「落ち着く!」
緑の代わりに、「アロハ!」
紫の代わりに、「力が増す!」
黒の代わりに、「受け入れる!」(善悪の意味を
超えてエネルギー自体を)
灰色の変わりに、「中立!」
・・・と、自他に言い渡します。

内なる庭に居るtikiは、権威です

最後に「マハロ」か「アママ(Amama)」と言ってください。宣言が実行されます。

追記
posted by kako at 04:05| Comment(1) | TrackBack(0) | 実践方法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月19日

ラア・ケア その1

               laakea.gif 
ご自分の内に、ラア・ケア(La'a Kea)と呼ばれる聖なる光があるのをご存知ですか?

アロハの光で、内外の調和を取り戻して癒します。

使い方を一つご紹介します。

まずいつものゆっくりで深い呼吸(ピコピコ)をしてください。

「私の聖なる光よ、私を包んでください」と言ってみましょう(声に出しても、出さなくてもどちらでもOK)。

ピコピコを続けながらしばらく待ってください。

ご自分の周りの変化に気づかれましたか?

とても繊細ですが、心で感じられますよね。

無色透明ですか、かすかに色がついていますか?

無色透明な場合は、心身共にクリアーなのでしょう。色がついている場合は、色が何かを示しているか、ご自分本来の色かもしれません。

この聖なる光はいつでもどこでも使えます。特に周囲との調和や癒しが必要な時、ご自分をこの光りで包んでみてはいかがでしょう。

意識的に色をつけると、光の働きが専門化します。
例えば
白・透明あるいは虹色は、調和(特に)
朱・ピンクは、鮮明(特に集団での意思疎通)
オレンジ・桃色(ピンクの青みがかった色)は、
集中
黄色は、確定(動揺をしずめ思いを定める)
緑は、祝福(愛のメッセージ)
紫は、援助
黒は、吸収(善悪の意味を超えてエネルギー自体を)
灰色は、中和
・・・すると、言われています。

どうぞよろしかったら試してみてください。ご感想をお待ちしています。

追記
posted by kako at 06:15| Comment(3) | TrackBack(0) | 実践方法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月18日

ガーデン・ティキ その1

tiki.gif

内なる庭にはティキが居ます。

ティキは本来、意識のそのものです。外に現わされると、意識のエネルギーとして働きます。

最初に、ガーデン・ティキの導入法ご紹介しましょう。

まず、ゆっくり深く呼吸をしてください。出来れば頭のてっぺんから息を吸って臍から息を吐くイメージで呼吸してください(天から息を吸い込み、地に息を吐き出すイメージが出来たら、最も効果的です)。

ご自分の内にある庭に「入る」と宣言し、内なる庭が入れてくれるのを感謝してください(声に出しても、出さなくても、どちらでもOK)。

内なる庭に入ったら、そこでのつながりをより強くする為に、何となく感じる事一つに意識を集中してください。映像、図形、音、文字、言葉、五感、雰囲気・・・何でも結構です。

内なる庭での感じが強くなったら、自分のアウマクアをを呼び出しましょう。

「私のアウマクアよ、私の内なる庭に来てください」と言って、しばらく待ちます。

映像、図形、音、文字、言葉、五感、雰囲気・・・何かを感じたら、意識を感じる事にしばらく集中しましょう。

感じる事が少しはっきりしてきたら、「アウマクアよ、私の内なる庭に来てくれてありがとう」と感謝します。

ここから自分のアウマクアとの会話が始まります。

何回か、アウマクアがどの様に内なる庭に現われるのか、確認しながら練習してください。

終え方は、アウマクアにお礼を言って引き取って頂き、ガーデン・ティキにお礼を言って、内なる庭を出ます。

自分が今居る場所にきちんと戻るには、手足をもぞもぞさせて身体感覚を確かめ、ゆっくり深く呼吸をします。

後で、水を飲むと良いでしょう。



posted by kako at 08:12| Comment(6) | TrackBack(0) | 実践方法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月17日

秘密を解く鍵

mana1.gif

ハワイ語はフナの秘密を解く鍵、とされています。

一つのハワイ語の単語は語根の組み合わせ方で、いくつもの意味を持っているからです。

マナ(Mana)という単語を例にサージ・カヒリ・キングが説明しているのを少し紹介しましょう。

Manaという語は通常、超自然あるいは聖なる力、何でも驚くような力、一般的な力、権威や特権を意味します。
ここでは力は、エネルギー、自信、能力を指します。

Manaは、ma-naという語根を持っていてmamaやnanaという組み合わせが出来ます。
mをとってanaにして、ananaにも出来ます。さらには、母音を重ねMa'aやna'aにも出来ます。

    ("Mastering Your Hidden Self"by Serge Kahiki King, 1985から引用し参照)

これらの語根の組み合わせがそれぞれ意味を持っているのですが、通常は、それらの意味をManaは「隠して」いるのです。

ハワイ語辞典(オンラインでもコンサイス版でも十分)で、ハワイ語が「隠している」フナの秘密を解き明かしてみませんか?

posted by kako at 06:09| Comment(5) | TrackBack(0) | 実践方法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月15日

フナ

eye_of_kanaloa_picture.jpg(c)Aloha International

フナ(Huna)はハワイ語で「隠された秘密」または「隠れた」を意味します。ポリネシア全域で、古代から伝承され発展してきた基本となる生き方です。

フナは人の生き方の一つなので、国籍や年齢は勿論、宗教や信条に関係なくだれでも実践できます(ちなみに私はクリスチャンのクプアです)。

フナ実践の究極は「今・ここで自分らしく生きる」に尽きると、私は思います。

今・ここで自分らしく生きる主体をフナでは、ク(ku)、ロノ(lono)、カネ(kane)という三つの自己が統合されたカナロア(kanaloa)という自己で示す、と私はみなします。

カナロアの眼を覗き込むと上の様な図が見える、と言われています。

より効果的に自分らしく生き、そしてより一層周りと調和する為に、フナでは知識、技術、儀礼を用います。それらは伝承されるだけではなく、各自が工夫をつけ加えたりして発展してきました。

フナは現在、世界中で実践されています。フナの一団体であるアロハインターナショナルだけでも世界20カ国程に一万人以上の会員がいます。

現在フナは人類の共有財産の一つとして、門戸が世界に開かれているからです。

黒ハートこの時点ではフナという名称を用いていましたが、現在アロハインターナショナル・ジャパンではHunaを「フーナー」と表記します。(2006,3-27記)

posted by kako at 20:59| Comment(4) | TrackBack(1) | フナ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月14日

根拠

winter_sunrise.JPG北国の冬の朝日

私が語る時の根拠は、まず自分の体験、そしてフナの知恵、そして直感です。

自分の体験は他の人には、殆どそのままは伝わりません。フナではトーク・ストーリの手法を用います。「物語り」ます。

フナの知恵は、今・ここで生きています。意識を向けると、知恵が浮かび出ます。

その時その場で語る事がひらめくのです。ひらめきは、新鮮な驚きで満ちています。

内なる語り部が語ると論理は飛躍し辻褄は合いませんが、心で通じ合えるのが歓びです。

posted by kako at 08:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 考え方 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月13日

アウマクア

aumakua.gif


ハワイの人にとってアウマクアは先祖の亀やイルカ、梟やオットセイ、さらには火山の神であるペレなどの場合もあります。

人とだけではなく動植物や自然ともアロハの関係を保ち、敬意を払います。

アウマクアは、一人ひとりの内なる神でもあります。

内なる神って、未来の自分ですよ。

いつか、多分・・・の、ではなく、「すでにそう在る」未来の自分です。

未来の自分が今ここで支えてくれて一番心強い味方になります。気心も知れていて安心します。

アウマクアとコンタクトするには、心の中で呼びかけるだけで十分です(「アウマクア」と三回繰り返すと良いでしょう)。

「アロハ!、マハロ!」を加えると、あなたのアウマクアは必ず答えます。

アウマクアがアロハで集まると、ポエ・アウマクア(Po'e Aumakua)と呼ばれます。『偉大な聖団』です。

私のアウマクアはポエ・アウマクアの一員なので、あなたのアウマクアとも仲間です。あなたのアウマクアも一員なのですから。

フナでは動植物や鉱物、建物や場所、全ての現象や出来事に意識があると考えますが、アウマクアはそれら全ての意識ともつながっています。

自分のアウマクアに呼びかけると周りの全ての存在と響き合え、豊かでダイナミックな生活です。毎日、アロハ大交響曲の演奏が繰り広げられるのです。

posted by kako at 08:00| Comment(2) | TrackBack(0) | フナ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月12日

とかく言われがち

私は何かと言われる事が多いです。

勿論言われて初めて気づくことは多々ありますので、そういう場合はとても有り難いです。

でも、自分ではどうし様もない事を言われてもねえ・・・

「背が高いですねえ!」と見知らぬ方に言われても「はい」としか答えられません。

「あなたの歩き方どうにかなりません?」と注意されても、どうにもなりません。

声が大きいのも直りませんし、大口で笑うのも直りません。

東京に出たての頃、「皆言っているけど、あなたは・・・」とか「世間ではこうなのよ!」とか頻繁に言われました。

言われ続けているうちに、「皆」は三人ぐらい、「世間」は五・六人が平均なのが分かってきました。

仕事を始めると上司の殆どが「怒鳴り屋」で、「一筋縄でいかない女だなあ!」と怒鳴られた時は、私よりも周りの方が「いくはずがないだろう!」と反応していました。

年配の男性は怒鳴ると女性は言うことをきくはずだ、強く信じている割合が高い様です。

私としては真正面からきちんと話し合いましょうと思っていても、怒鳴られると立ち去るか、会話拒否です。

キカナイ(北海道弁で、気が強いという意味)と、言われます。

聞かないのではありません。一方的な決め付けには耳を傾けないだけです。「本当」の事は、心に真っ直ぐ落ちるので、感謝して受け入れます。




posted by kako at 11:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 関係 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月09日

ソウル・メイト

初恋は、幼稚園年長さん組の時でした。

東京から引越ししてきた「ムネオ」君(某むねお氏とは無関係)に心がときめいていたのですが、「マリコ」ちゃんというやはり東京から引越ししてきたカーリーヘアーの(その当時にですよ!)フランス人形の様な女の子も彼にお熱だったので、「私は無理」と確信していました。

ところがムネオ君が東京に戻る挨拶をした日に、「みえこちゃんが、いい」と言ったのです。

私も含めて誰もが「!!!」と、言葉が出ませんでした。

小学校五年生の時、ピアノ稽古が終わるのを待って家まで送ってくれる男の子がいましたが、一年間で10センチ程も身長が伸び、近くの高専の男子生徒に「でかい!」としょっちゅう言われたのが引き金になって、「私は女としては不十分だ」と自らに宣言しました。

それで人間として生きる他になく、自分らしさだけを拠り所にして「自分は誰も理解しないし、誰も自分を理解しない」宣言もしていました。

それらの宣言にも関わらず、「出会うはずの人」感が定まっていたのは先天性だった様です。

幾つも貴重な出会いを通して、出会えたその人はシュールでした。

モロカイ島の星空に向かって、日本女性のクフ・フラの親友と、「イッタ・ニッタ・サンタ」(一番目、二番目、三番目の人の意味?!)と猛烈に呼びかけた一ヶ月後でした。

どうも出会いが早産でずっと態度がぎくしゃくしたままで心だけはつながり、無我夢中で全力投球、甲斐あって腹の底から発音出来、歓びもつかの間追い出された形で私がグランドを去りました。

大地が裂けて飲み込まれた如く一人ぽっちなのに、どうしても前に進まなくてはならないと,がむしゃらな探求志向。ダンテの神曲風を実体験してしまいました。

今、「出会うはずの人」とは私の内でつながっています。私のソウル・メイトは私自身の半分、つまり男性性らしいです。

まだ結末は確定していないので、この世界を去るまで先天性「出会うはずの人」感は保持するつもりです。

追記
posted by kako at 18:31| Comment(3) | TrackBack(0) | 関係 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月08日

何をする為に生まれて来たのですか?

my baby face.JPG


とても個人的な問いですから、ご自分自身に答えるのが適切
でしょう(既にご存知の場合は、不要ですし・・・)。

私は日誌で少し説明していますので、公開させて頂きます。

「物心がついた時にはなぜ生まれて来たのかうすうす気づい
ていた」と書きましたが、信憑性が問われても不思議はあり
ません。

根拠の一つは、ある夜母がお風呂から上がって椅子に座って
泣いている場面です。

父は毎晩遅くまで働いたそうでから、母は寂しかったのだと
思います。

私も泣き出しました。

母と私の二人きりで妹がまだ生まれていなかったので、四歳
前なのは確かです。

居間の入り口のスツールに座って、泣きながら頭を寄りかけ
た柱とそこの電気スイッチの感覚が今も鮮明に残っています。

自分がまだ小さくて、母を慰められないのを辛く感じていま
した。

家族を、特に母を支えるのを一つの目的にしてこの世に生ま
れて来たのを受け入れ行うには、相応の時間と、支え合いと
愛が必要でした。

追記
posted by kako at 07:19| Comment(3) | TrackBack(0) | 人生 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。