2005年12月15日

フナ

eye_of_kanaloa_picture.jpg(c)Aloha International

フナ(Huna)はハワイ語で「隠された秘密」または「隠れた」を意味します。ポリネシア全域で、古代から伝承され発展してきた基本となる生き方です。

フナは人の生き方の一つなので、国籍や年齢は勿論、宗教や信条に関係なくだれでも実践できます(ちなみに私はクリスチャンのクプアです)。

フナ実践の究極は「今・ここで自分らしく生きる」に尽きると、私は思います。

今・ここで自分らしく生きる主体をフナでは、ク(ku)、ロノ(lono)、カネ(kane)という三つの自己が統合されたカナロア(kanaloa)という自己で示す、と私はみなします。

カナロアの眼を覗き込むと上の様な図が見える、と言われています。

より効果的に自分らしく生き、そしてより一層周りと調和する為に、フナでは知識、技術、儀礼を用います。それらは伝承されるだけではなく、各自が工夫をつけ加えたりして発展してきました。

フナは現在、世界中で実践されています。フナの一団体であるアロハインターナショナルだけでも世界20カ国程に一万人以上の会員がいます。

現在フナは人類の共有財産の一つとして、門戸が世界に開かれているからです。

黒ハートこの時点ではフナという名称を用いていましたが、現在アロハインターナショナル・ジャパンではHunaを「フーナー」と表記します。(2006,3-27記)

posted by kako at 20:59| Comment(4) | TrackBack(1) | フナ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。