2006年01月12日

啓示

           a_shape_of_clouds.gif


「Kukulu ka 'ike i ka 'opua (雲の中に見られる啓示)

このハワイの諺は 『経験は考え方で築かれる』 という隠れた意味を持っています。

私たちが経験する全ては、自分の考え方のシンボルです。」(サージ・カヒリ・キング著『アーバンシャーマン』より)

日々の生活において理屈では割り切れない、理論では解明できない、言葉では説明できない経験をすると、私たちは無視・否定・拒否したり、または何らかの意味づけをします。

自分自身で解釈出来ない場合、様々な専門家に回答を求めたりします。

ところがフーナーでは、経験している自分がこの経験を創っている、と見ます。

自分がこの経験を創っているなら、望まない経験であれば望む様に創り変えられます。

変え方の一つを紹介します(詳しくはシンボルでの変容をご参照ください)。

例えば雲の形が龍に見えたとしましょう。龍を力の象徴として考えるなら、嬉しいでしょう。龍を獣性の象徴として考えるなら、嫌悪するかもしれません。

もし龍に良い考え方を持っていないならば、それを良い考え方に変えるよりも、龍を変える方が効果的でしょう。

雲の形を龍に見せているのは自分の無意識であるクですから、一度きちんとクに龍をみせてくれたお礼を述べて下さい。
    
出来れば、クに龍を通して示したい事を尋ねると良いでしょう。いったんクからのメッセージを受け取ったら、「分りました、ありがとうございます。」と述べてください。

それから雲の形を龍から自分が好きなもののへと、イメージであるいは実際に、変えます。

写真に撮られた雲なら、その写真の上に自分の好きなものや好きな写真を乗せても良いでしょう。

雲を見上げているなら、雲に「(自分がすきなもの)・・・になってくれるのを感謝します」と伝えて待つか、自分が好きなものを雲に重ねます。

大好きな人の顔、好みの俳優やシンガー等、あるいは嬉しい気持ちや感謝で雲を覆うのです。

そして「アママ ウア ノア、レレ ワレア クア ラ Amama Ua Noa, Lele
Walea Kua La」(そうなれ、そうなる、そうなった、という意味)と宣言します。

最後に、雲とご自分のクに「アロハ&マハロ」を送ってください。

体験が変わりました。それゆえ、考え方が変わりました。






posted by kako at 09:36| Comment(17) | TrackBack(0) | フナ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。