2006年03月20日

雪の朝

snow_morning_with_the_frame.gif

           札幌は雪の朝です それでも春は間近です
  
posted by kako at 07:26| Comment(4) | TrackBack(0) | 暮らし | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月19日

今を見る

watch_now3.gif
Eye of Kanaloa:(c)Aloha International

フーナーの教えの究極は 「今を見る」です

追記
posted by kako at 06:09| Comment(0) | TrackBack(0) | フナ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月18日

Iwi

iwi6.gif
posted by kako at 10:08| Comment(3) | TrackBack(0) | 人生 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月17日

ロノ(Lono)

lono.jpg(c)Aloha International

アロハインターナショナルHPのハワイ美術館オンラインからロノ像
紹介します。

名称:ロノ((Lono)
制作場所: ハワイ諸島
製作者: 不明
解説: 古代ハワイの宗教では、ロノ(LONO )は平和、スポーツ、農業、ある種の癒し、手仕事や他の文化的実践を司る神でした。

秘伝においてロノ(Lono)は、覚醒や気づき、または近代用語で「意識」と称されるものを意味します。ハワイ文化では、髪は思考の象徴です。このロノ像の髪は高く結い上げられ、地面に届くまでのびていません。これは必ずしも物理世界における直接経験に基づかない考え方、想像や抽象的な思考を表わしています。

(参照:Serge Kahili King 2002)
posted by kako at 05:45| Comment(1) | TrackBack(0) | フナ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月16日

フーナーを生きる

living_huna1.gif  

Eye of Kanaloa:(c)Aloha International
Orion Nebula:PD Photo.org
posted by kako at 07:32| Comment(0) | TrackBack(0) | フナ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月15日

新設ページ

another_universe.gif

アロハインターナショナル・ジャパンのサイトにアロハインターナショナルの
フーナー情報を載せるページを設けました。

サージ・カヒリ・キングが独特の手法で伝えるフーナー情報は難解に思える
でしょうが、お一人ひとりが自由に理解して応用できます。

こちらへどうぞ・・

posted by kako at 07:50| Comment(0) | TrackBack(0) | お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月14日

ラニケハ

lanikeha.gif

ラニケハ(lanikeha)は天上世界と訳されるハワイ語です。

ラニケハの語根であるlaniは「空、天」を、kehaは「高み、誇り、威厳;崇高な、高い、全能の」などを意味します。

ラニケハは天国というよりも未来の世界で、自分や自分達の未来の在り方がそこにあります。

ラニケハには、自分や自分達の未来の在り方の象徴としてのパワーアニマルや所謂守護霊や守護天使とも称される存在がいる、とされるのです。

ラニケハに入るには、内なる庭か自分にとって大切な場所にイメージで行き、そこで出来るだけ高い場所(木や塔、山や崖など)を探して登ります。一番高い所まで登ったら、上を見上げて天上の穴を見つけます。穴が見つかったらそこに手をかけ自分を引き上げ、天上世界へ入ります。

通常エネルギーの塊に感じられる扉がそこにありますので、始めての場合はその門番に贈り物をします。踊りや歌、楽器の演奏をイメージで奉納したり、花や香りの良いものを持参してイメージで捧げたりします。

天上世界の扉が開かれると直ぐ分りますから、会いたい人や動物などを呼び出してください。大抵の場合、呼び出した相手から贈り物を渡されます。感謝して受け取って穴から内なる庭か大切な場所に戻り、そこに丁寧に保管するか、自分で持っています。天上世界と自分をつなぐシンボルになります。
posted by kako at 07:14| Comment(0) | TrackBack(0) | フナ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月13日

ハイプレ

haipule_with_the_frame.gif

ハイプレは、フーナーではとても大切な儀礼です。

高度に簡素化した過程のハイプレの仕方をこちらで紹介しています。

ハイプレは一般的には礼拝とか祈祷とみなされるのですが、実は隠れた意味を要約すると祝福なのです。

通常外に居る神や偉大な存在に対して希求したり懇願するのを自分の内なる神への感謝を基礎に、自分の意識の力で望む事が生起するのを祝福するのです。

願わず求めずしかも疑わず、望む事が起きるまで意識を向け続けるのは、偉大な精神の証です。

フーナーの真髄とも言えるハイプレは、自分自身への絶対的な信頼と内なる力の全開を体験する契機になるでしょう。
posted by kako at 06:08| Comment(0) | TrackBack(0) | フナ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月12日

ク(Ku)

ku.jpg(c)Serge Kahili King

アロハインターナショナルHPのハワイ美術館オンラインからク(Ku)像
ご紹介します。

名称:ク(Ku)
制作場所: ハワイ諸島
制作者: 不明
解説:古代ハワイの宗教においてク(Ku)は、戦争、力強さ、男らしさ、ある種の癒し、手仕事や他の文化的実践を司る神でした。

秘伝においてク(Ku)は、身体意識や近代用語で「無意識」と称されるものを意味します。ハワイ文化では、髪は思考の象徴です。このク(Ku)像の髪は頭頂が短く、地面に届くまでのびています。これは、直接的に身体が経験した事(注)に基づく記憶によって思考するのを象徴しています。


          Copyright by Serge King 2002

   注:ク(Ku)は、物理的経験と想像上の経験を同じく経験と見なします
      (ウェブ・マスター)。

  追記
posted by kako at 08:26| Comment(1) | TrackBack(0) | フナ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月11日

前進

advance1.gif

                 前へ 前へ つんのめって もがかなくても

                      風が吹くと 前に進む

                   雨を孕んだ 雲行きは 暗黒の世界に

                      輝きを 呼ぶ 前兆だ

                    稲光が 天地をつないで 叫ぶ
               
                      夜が裂け 日が進んだ
 
posted by kako at 08:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 人生 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月10日

朝の風景

a_morning_scene_with_the_fr.gif
posted by kako at 06:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 人生 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月09日

移り変わり

changing_to.gif
posted by kako at 11:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 人生 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月08日

本質

essence4.gif

フーナーにおける存在の本質は、「自己」意識である純粋エネルギーです。

全ての存在を一つに、そして一つを全てにするこのエネルギーには善悪や正誤、聖邪や高低は全く関与しません。

あらゆる質の本来の質である愛の純粋なエネルギーは、今・ここでしか現れません。しかも自分という意識を通して最も効力を発揮して、この根源的なエネルギーは働き出ます。

それでフーナーでは、自分の意識を方向付ける創造瞑想(こちらから関連頁へ)を用いて、今・ここに隠れている全てにとって最高に良い、美しい在り方を顕在化するのを提案します。

ちなみに本質はハワイ語では、イオ('i'o)と称します。

イオは木星の月の一つですが、絶滅の危機に瀕するHawaiian Hawk;ハワイ鷹も、ハワイ語ではイオ('io)と呼ばれます。

posted by kako at 11:17| Comment(1) | TrackBack(0) | フナ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月07日

live_now2.gif
     
遠い思いを 呑んだ願いを
    
手を離して 今に渡す

絡めた糸を 歪んだ小指を

手を離して 今に渡す

波打つ時を 畳んだ記憶を

手を離して 今に渡す
     
posted by kako at 08:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 生き方 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月06日

ラカ

laka.gif  
    ラカ(Laka)は、フラの女神として知られていますが、
    森の女神でもあります。

    Lakaというハワイ語には、従順な、なれた、優しい、  
    素直な;魅了される、好みの:熱意や感心を注ぐ、
    魅了する、などの意味があります。

    ラカは精霊を魅了し、人の情熱を掻き立てるのです。
    その結果、子宝を含めた富が増すと言われます。

    フラダンサーはその高みでは、ラカの手に導かれて
    神々と踊り、天地を寿ぎ創造します。

    ラカの働きは閃きによる成長をもたらし、愛による
    調和も生み出します。

    ラカに意識を向ける程、暮らしが地に深く根をはり、
    恵みが繁茂し、心が躍るでしょう。

posted by kako at 10:38| Comment(1) | TrackBack(0) | 暮らし | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月05日

秩序と混沌

  order_&_chaos.JPG

ハワイでは、Papaは大地なる母、Wakeaは大空なる父として、
さらにPapaは闇の扉、Wakeaは光の扉の番人として敬われ
ています。

他方Papaは秩序、Wakea((Akea)は混沌を意味します。

秩序は積み重ねられた塊で、混沌はかき混ぜられた流れです。

PapaとWakeaが結ばれハワイ諸島が生まれたと、伝説は語ります。

全ての出来事は、繰り返しによる段階的発展を積み重ねた後に
形のない状態に昇華されて初めて、新しい形が生み出されます。

PapaとWakeaが結ばれてハワイ諸島が誕生した様に、秩序と混沌
が融合して飛躍が生じます。

飛躍とは、積み重ねをバネにして閃きで新開地を拓きます。

いったん誰も足を踏み入れていない地が開かれたなら、知恵と
自信を友にして冒険の道を進み続けるのがハワイ式シャーマン
の歩みです。
posted by kako at 08:27| Comment(0) | TrackBack(0) | フナ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月04日

生命の表現

expression_of_life.gif

                     全ての生命は 成長します

                       成長は表われます

                  今・ここで 生きている様に 表われます

                  今・ここで 表わし尽すと 次に進みます

                  ついには 全てが 素に たどりつきます

posted by kako at 08:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 生き方 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月03日

レイ

lei.gif

ハワイのレイ(Lei)は有名で、歓迎のしるしとして知られています。

レイは本来は、丸い形や円形を意味します。

丸い形は女性性を表わすので愛を、そして円形は円環として永遠を
象徴します。

それでレイは、愛が永遠に働き巡るのを思い出させます。

またレイには、跳び越える、飛び越えさせる、投げ飛ばす、放り上げる、
撒き散らす、湧き上がるなどの意味があります。

それでレイは身につけていると力が一層発揮され、フラを踊る時や儀式を
行う時には必ず用いられます。

レイが持つ力が子供を守るとされるので、出産の際に贈られたりもします。

瞑想や創造的な働きをする際にレイを身にまとうと、そのレイの色と素材
(花や葉、貝や木の実、羽根、絹や紙、ビーズなど)が持つ力も加わって、
より力量を発揮できます。


    フーナーで用いられる七色は、次の通りです。

       白、または透明 - ike 表出
       赤  - kala 無限
       オレンジ - makia 集中
       黄  -  manawa 今
       緑  -  aloha 愛
       青  - mana 力
       紫  - pono 完全 
    

工夫次第で私たちの暮らしの中でレイは、もっともっと活用出来るでしょう。

       アロハ & マハロ

posted by kako at 07:40| Comment(2) | TrackBack(0) | 暮らし | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月02日

  shimahukurou2.jpg

北海道には翼を広げると2m程にもなる世界最大といわれるシマフクロウ
が生息していますが、絶滅に近い状態になっています。

シマフクロウの食べ物はマスやウグイなどなので、川魚が育つ川と茂った
河畔林が、シマフクロウの生息には不可欠です。環境の悪化が、シマフク
ロウの数を激減させています。

森は原生林さえも人の手が入り無用な伐採を繰り返し、河川は堤防がコン
クリートで固められ、流れる水は汚染されています。ある川の水の汚れの
原因は、82%が生活排水だとされています。私たちの毎日の暮らしでのちょ
っとした配慮が、シマフクロウをも救えます。

梟はハワイでは重要なアウマクア(この場合は先祖神)の一つですが、
アイヌ民族でもシマフクロウは、コタン・クルカムイ(部落を守る神)と
呼ばれる神の鳥なのです。
posted by kako at 07:15| Comment(1) | TrackBack(0) | 暮らし | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月01日

メネフネ

menehune.gif

ハワイ語でメネフネ(Menehune)と呼ばれる、小さなあるいは大きな働き者
たちは、夜になると仕事を始めます。朝までに仕事をし終えないと、そこで
終わりにしてしまうと、言われます。

石を使った仕事が得意で生簀や池、道路や寺院などメネフネが作ったという
伝説がカウアイ島のあちらこちらに残っています。

メネフネは伝説とされていますが、その名前はある実際的な在り方を指し
示しています。

    (Menehuneの語根と意味は次の通りです。

     mene のろま、無愛想さ;ぼんやり見える、のろい     
     hune 貧しい、極貧;とても小さい、 繊細な
      hu  昇る、膨れる;発酵する、徐々に変化させる、溢れる
     nehu 魚の一種
     'ehu  噴霧、泡、霧
      une  レバー、てこ)

人目につかず、ゆっくりしかし着実に、全体を見通し一つひとつの置き所
を見極め、微細に調整しながら根気強く積み重ねていく働き方です。

ハワイでは困難な作業をする時にはメネフネに協力を頼みます。その時は、
彼らにとっての食べ物を供えるのが礼です。彼らはただ働きを好みません。

追記
posted by kako at 06:18| Comment(3) | TrackBack(0) | 暮らし | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。