2006年05月19日

カフナについて

カフナ(Kahuna)については多くの誤解と困惑があります。

フナインターナショナルのカフ(kahu;世話役)であるサージ・カヒリ・キングは、カフナについて
次のように書いています。

「カフナとは何でしょうか?あなたがそうだと思われるとおりの肩書きなのです。もしあなたが
カフナに会ったら、その人の肩書きよりもその人自身を尊敬してください」(こちらを参照して
ください)

ある方から「日本にカフナはいますか?」と問われた時私は、「フナ・インターナショナルとその
教育部門であるアロハインターナショナルでは、自分でカフナと称する人はいません。フナ
インターナショナルのカフであるサージ・カヒリ・キングも自分をカフナと称していません」と
答えました。

カフナはカリスマに似た言葉だと、私は思います。その人の働きや影響力について他の人が
称するのに用いても、「私はカリスマです」と自分で称する場合は「・・・?」という感じが私は
します。

それからカフナと混同されがちな言葉でもあるクプア(kupua)は、kalakupua というハワイ語
の省略形で、フナというハワイ古来の知恵によって活動しているシャーマンを意味します。

シャーマンはツングース語に由来し、巫、イタコ、巫女、タンキー、ユタ、呪術医などを指します。

多くの文化でシャーマンはトランス状態になりますが、ポリネシアおよびハワイ式シャーマンは、
意識を拡大して働かせます。

わたしたちフナインターナショナルのシャーマンは、ハワイのカウアイ島出身のカヒリ家に代々
伝わるフナ;知恵を基に、癒しと調和をもたらすべく世界各地で活動しています(アロハインター
ナショナルの会員は、世界十数ヶ国に1万人以上です)。


kahu1.gif       skts0401.jpg
フナインターナショナルのカフ、サージ・カヒリ・キングです
(c)Aloha International


追記
posted by kako at 08:17| Comment(2) | TrackBack(0) | ご紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月18日

人生の目標を思い出す

美月の夜.gif
                                   (ケイ・ラウレ’ア作「美月の夜」)

人は誰でも、自分でこの世に生まれるのを決めました。さらに、何の為に生まれるのかも
決めています。これは他の人とも関係しますから、自分一人でなく何人かで共同して決め
ています。

たまたま、何の意味も目的もなく、この世に放り出されてしまった、と感じている方は特に、
自分の人生の目標が何なのかを思い出してみませんか。

「そんな事をしている暇などない」と思われる方は、一日5分で結構なのです。

さて、手順の一つは次の通りです。
最初に、自分の内側に意識を向けます。ここでは内なる庭に入ります。
     「私の内なる庭よ、私を入れてくれてありがとう」
     「私の庭よ、入ります」
     「私の庭よ、入っているのを感謝します」
と順に続けて言います。

ゆっくり深い呼吸をして、何かを感じるのを待ちます。イメージや映像だけでなく、言葉や音、
匂い、肌触りなど何となくでも感じ始めたら、それに意識を集中し、もっと詳しく感じ取ります。

感じる事を書きとめたり録音したりすると、感覚を鋭敏にするのに効果的です(目を閉じても
開いても内なる庭での感覚に影響しません)。

次に、内なる庭のどこかにある生命の木を探します。一番簡単なのは、「私の内なる庭よ、
生命の木がある場所に私を導いてください」と、言います。

ゆっくり深い呼吸をして、生命の木への道が示されるか、生命の木が現れるのを待ちます。
何となくでも生命の木を感じたら、幹に触れたり枝に手を伸ばし、生命の木を具体的に感じ
ます。

生命の木は人によって違いますし、時が経ると変わる場合もあります。

生命の木に親しみを感じ始めたら、生命の木に空いた洞か、生命の木の根元にある穴を探し
て入ります。

ここでの洞や穴は、母親の子宮を象徴しています。しばらく血が流れる音や鼓動に意識を
向けます。

胎児である自分の感覚に馴染んできたら、「私は何の為に生まれるの?」「私のこの人生の
目標は何なの?」と自分に尋ねます。

ゆっくり深い呼吸をして、何かを感じるのを待ちます。言葉やイメージ、シンボルや音、肌触り
や雰囲気など何か感じたら、それが胎児の自分からの答えです。

最後に、「内なる庭にある生命の木よ、私が生まれる意味やこの人生の目標を思い出せた
のを感謝します」と言い、内なる庭から自分が居る場所へと意識を戻します。

もぞもぞと身体を動かしたり深呼吸をし、後から水を飲むと良いでしょう。

毎回違う事を思い出す場合もありますが、その過程を経て必ず自分が納得する事を思い出し
ます。

内なる庭が示すのはシンボルですから、自分自身で最も相応しい判断をするのがとても
重要です。



追記
posted by kako at 12:30| Comment(3) | TrackBack(0) | 人生 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月17日

戦争の放棄

日本国憲法 第2章 戦争の放棄
〔戦争の放棄と戦力及び交戦権の否認〕
第9条 日本国民は、正義と秩序を基調とする国際平和を誠実に希求し、国権の発動たる戦争と、武力による威嚇又は武力の行使は、国際紛争を解決する手段としては、永久にこれを放棄する。
2 前項の目的を達するため、陸海空軍その他の戦力は、これを保持しない。国の交戦権は、
これを認めない。

戦争を放棄するとは、国を守るという名目で人を殺したり殺されたりするのを阻止する積極的な行為です。日本では憲法で宣言しています。それを現政府が改悪しようとしているのは、何故でしょう。

憲法の平和条項改悪に生命を踏みにじっても権力と金力を増やそうとする意志が働いている限り、無視出来ません。

日本国民が自ら選択したのではなく、アメリカによる占領政策の一環として押し付けられた感じが強い日本国憲法を見直そうとする動きや論が敗戦後60年余左右翼から出され続けてきました。

しかし今改めて上記の日本国憲法条文を読むと、その理念の高さに打たれます。どんな大義名分をかかげても国家としても、個人としても殺さないし殺されないと宣言し続ける事を、日本国民の一人として私は守りたいと思います。

他方反戦の市民活動をいくらか経験して私は、反戦運動を展開する難しさについて思います。個人的熱意よりも政治的操作が優先されない様に見張ったり抑制する仕組みがまだ出来上がっていないだけではなく、集団での高揚感や自己満足的な“盛り上がり“に足をすくわれない様にするには、日々どの様な人との関わりで生活しているのかが、明らかに問われるからです。

街頭や集会でも勿論ですが自宅でも、平和の道を共に歩む動きを進めるのが可能です。出来る限りに自分の内が安らいでいてアロハのエネルギーで周囲を満たし、アロハとマハロの力を地球規模で分かち交わして暮らしたい、と私は願います。

参考(サイト):http://tohyou.exblog.jp/
         http://osaka9j.rz.com/index-2.html
          http://our.sakura.ne.jp/9/  
          banner9.gif
        
  (記事):サージ・カヒリ・キング『平和を実現する人々は幸いである』(こちら

追記
posted by kako at 09:22| Comment(4) | TrackBack(2) | 生き方 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月16日

芽が吹く

spring_time.gif

  
posted by kako at 15:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 暮らし | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

春の気づき

awaken_spring.gif

     今年 札幌には 冬がゆっくりしていて・・ それでも気づくと春が来ていました

     春は 心身共に 変わり目のようで・・ 解けそうで 揺れ戻したりしていました

     しこっていたのは 過去でした・・ 昔に引きづられて 今を見失しないたくない

     見上げると 朝日が山の上に昇って 黄金色に輝いているのが 嬉しくなりました

     これでいいんだ これがいいんだ と心の底からふつふつと 水紋が広がりました
posted by kako at 07:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 暮らし | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月15日

天と地と人

papa&wakea.gif

                         人が 天と地を つなぎます
posted by kako at 07:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 関係 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月14日

フナ式自然の力を採り入れる方法

両足を肩幅でまっすぐ前か少し内股気味に開き、親指と小指に意識を向けて床や大地にしっかり
触れているのを確認します。土踏まずに身体の重心を定めて、膝を少し緩めます。

最初に次のフナの呼吸法のどれか一つ、あるいはいくつかを組み合わせて行います(4回または
4サイクルくらい行いましょう)。

I.パワーポイント呼吸法(ピコピコ)
1.上から下へ
     a)頭の天辺に意識を向けて息を吸い、臍に意識を移して息を吐き出します。
     b)頭の天辺に意識を無k手息を吸い、足の裏に意識を移して息を吐き出します。
     c)自分の頭の上方の空に意識を向けて息を吸い、自分が立っている床や大地の中に
      意識を移して息を吐き出します。
2.下から上へ
     a)臍に意識を向けて息を吸い、頭の天辺に意識を移して息を吐き出します。
     b)足の裏に意識を向けて息を吸い、頭の天辺に意識を移して息を吐き出します。
     c)自分が立っている床や大地の中に意識を向けて息を吸い、自分の頭の上方に
      意識を移して息を吐き出します。

II.プヒ(Puhi)完全呼吸法
1.みぞおちに両手の指先をそろえて置いて軽く押し込みながら、頭を下げて上体をゆるめ、
  唇をつぼめてゆっくりしかし力強く息をフュ〜〜〜〜と吐き出します。
2.一度息を吐き出したら、そろえた両手の指先をゆっくり臍へと下ろしながら、残っている
  息をさらにフュッと吐き出します(力まない様に気をつけましょう)。
3.両手のひらを広げて臍の周りに置き、少し音が出る程の強さで鼻から息を吸い込んで、
  肺の上部、下部へと下ろし、さらに臍の辺りまで下ろします(臍の辺りを息で満杯にする
  感じです)。
4.1〜2の方法で息を吐きます。
   3.4.1.2.の順で一サイクルです。

【自然の力を採り入れる】

1.「アヒ(Ahi;火)」と力強く声に出してから、息を吸いながら両手を真上に伸ばし、
   火の力をつかんで息を吐きながら臍に入れます。  
2.「マカニ(Makani;風)」と力強く声に出してから、息を吸いながら両手を肩の上の
   方に伸ばし、風の力をつかんで息を吐きながら臍に入れます。  
3.「ヴァイ(Wai;水))と力強く声に出してから、息を吸いながら両手を肩の高さに
   伸ばし、水の力をつかんで息を吐きながら臍に入れます。
4.「ポハク(Pohaku;石)」と力強く声に出してから息を吸いながら真下に両手を伸ばし、
   石の力をつかんで息を吐きながら臍に入れます。
5.「ラアウ(La'au;植物)」と力強く声に出してながら右手を臍に置き、息を吸いつつ
   左手を左の方へ伸ばし、植物の力をつかんで息を吐きながら臍に入れます。
6.「ホロホロナ(Holoholona;動物)」と力強く声に出してながら左手を臍に置き、
   息を吸いつつ右手を右方へ伸ばし、動物の力をつかんで息を吐きながら臍に入れます。
7.「カナカ(Kanaka;人間))と力強く声に出しながら、両手を胸の前で交差して(右利きの人は
   右手を下、左利きの人は左手を下)「アロハ&マハロ」と三回言います。

最後に両方の親指とそろえた四本の指で三角形を作って臍に当て、臍から息を吸い、頭の天辺
から「アママ」と言いながら息を吐きます。


追記
posted by kako at 20:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 実践方法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Ti

ti.gif

          TiはKiとも表記され 日本語の気に通じる力を象徴したり それ自体を意味します
posted by kako at 10:50| Comment(1) | TrackBack(0) | フナ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

母への贈り物

a_gift.gif

                         妹から 母へ 贈り物です
posted by kako at 08:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 暮らし | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月13日

母の日に向けて

mother_day.gif

                   日本中のお母さん 世界中のお母さんに
                
                      心から感謝!
posted by kako at 11:33| Comment(1) | TrackBack(0) | ごあいさつ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月12日

裏のお山

5-12-1.JPG

     我が家の裏に見える 藻岩山の南斜面にある スロープの一つです
posted by kako at 16:35| Comment(5) | TrackBack(0) | 暮らし | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

人との意識による共感

人との感覚による共感はとても貴重ですが、ここでは意識による共感について、練習の際目安にも
なる一つの手順を紹介します。

まず、相手と向かい合います。意識を相手に向けて心を開きます。心を開くとは、条件をつけない
のです。「〜すれば」とか「〜であれば」ではなくて、丸ごと相手を受け入れます。それには、相手の
眼の奥を心から真っ直ぐ見つめると十分でしょう。相手が目の前に居ない時は、「(相手の名前)
さんのアウマクア、アロハ&マハロ」と、三回唱えます(声に出しても、心の中ででも良いです)。

次に、相手のアウマクアが今ここで表わす事を受け取ります。

何も感じない場合は、自分の内なる庭に入って相手のアウマクに呼びかけます。「(相手の名前)
さんのアウマクア、今ここであなたが表わす事をシボルやイメージ、メッセージで私に示してくださる
のを感謝します」(相手が目の前に居る場合は勿論、心の中で結構です)

ゆっくり深く息をしながら、何かを感じるのを待ちます(おしゃべりをしたり、動いたりしていても良い
です)。

さらに、相手のアウマクアが示す事を自分が表わす方法を選びます。

反射的に行動しないで、自分のアウマクアに尋ねます。「私のアウマクア、(相手の名前)さんの
アウマクアが示す事を私が最も相応しく今ここで表わす方法のシンボルやイメージ、メッセージを
示してくださるのを感謝します」(相手が目の前に居る場合は勿論、心の中で結構です)

ゆっくり深く息をしながら、何かを感じるのを待ちます(おしゃべりをしたり、動いたりしていても良い
です)。

自分のアウマクアが示す事を今ここで実際行動に移すかどうかを、最後に自分で判断します。

以上が人と意識によって共感するのを練習出来る一つの手順ですが、結果として「相手のアウマ
クアが望む事を相手側から主体的に行動する」とも、捉えられます。熟達すると、瞬間に意識により
共感するのでしょう。


posted by kako at 12:34| Comment(2) | TrackBack(0) | 関係 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

見つめる

my_love.gif
(Photo by Dr. James P. McVey, NOAA Sea Grant Program)
posted by kako at 09:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 象徴 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

とぶイルカ

jumping_dolphins.gif
(Photo by Commander Grady Tuell, NOAA Corps)
posted by kako at 08:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 象徴 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月11日

嫌われる

            living_together.gif

私は時には人にしっかり嫌われます。以前は悩み、言動をその人に合わせて改善(?!)しよう
ともがきました。

ある時、その人は私との関わり自体が嫌いなのだと気づきました。そこで、私を嫌っている人の
内なる神と会話をする他、術がありませんでした。
「なぜ嫌われるのですか?」
「あなたが私の嫌いな事を表わすので嫌いなのです。あなたも私があなたの嫌いな事を表わす
のが嫌いではありませんか?」

私もその人が嫌いなのを、認めざるをえませんでした。そして、自分の内なる神と会話しました。
「なぜ嫌いなのですか?」
「自分と違うと思うので、嫌いなのです」

自分と違うと思うのは、その人が生きているのと自分が生きているのとが関連して感じられない
のです。考え方や感じ方、物の見方に共通点がないだけではなく、共に生きている実感を得られ
ないのは、重大です。

「どうしたら良いでしょう?」
「その人を自分として感じると良いでしょう」

ハワイ式シャーマンの技術がいくつか脳裡をよぎりました。

「テクニックではなくて、心で感じてください」
「愛するという事ですか?」
「それ以上です。その人の内なる神が語る事に心を傾け、その人の内なる神が望む事をするの
です。こちら側から働きかけるのではなく、相手側から自主的に動くのです」

日々、この課題に私は取り組んでいます。まだ初心者で、試行錯誤を繰り返していますが、
少なくとも人に好かれようとジタバタするのは止めました。その人がその人らしく生きるのを
出来る限りきちんと見て感じようとしています。


追記
posted by kako at 10:56| Comment(1) | TrackBack(0) | 生き方 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月10日

雨語り

rainy_talk.gif

                    「雨もいいもんだねぇ・・」
  
                    「ええ、あなたと一緒にみているとぉ・・」
posted by kako at 19:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 暮らし | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

輝き

life.gif

                     窓辺の小さな生命 輝き成長中
posted by kako at 12:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 人生 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月09日

春になりました

spring_has_come.gif

                 我が家の庭も 春になりました
posted by kako at 14:23| Comment(2) | TrackBack(0) | 暮らし | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月08日

手放す

cherry_blossoms.gif

      出来ることならいつまでも 握り締めていたい けれど 愛しているから 手を放します
posted by kako at 07:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 人生 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月07日

参加するということ

フナでは全ての存在にはアクア(akua)またはアウマクア(aumakua)と称される意識の主体あるいは内なる神が宿っていると、みなします。

あらゆる出来事や現象と同様、全ての人、動植物・鉱物、建物や場所、国家などの単体と複合体、また地球、太陽系、銀河系、そしてこの宇宙とそこに存在する可視・不可視のあらゆる在り方は、意識体として機能していると、みなすのです。

そこで、ある動きや活動に参加するには、場所や建物を含め、活動主催団体や関与するアクア、またはアウマクアからの招きが不可欠だと、認識します。

参加するか否かは勿論その人の決断ですが、とにもかくにも招かれるのはとてつもなく大きな贈り物であり、実際に参加して協働出来るなら恵みそのものと、受けとめられます。

私は何事でも招かれたら出来る限り断りませんし、多少肌合いが違うと感じても少なくとも一旦は感謝して受け取ります。当事者の意識的な意図とは別に、アクアやアウマクアが私を招いている事が多いからです。

反射的に拒絶して断るのは、こちらにまだ招きに応じる準備が出来ていない場合と、相手側が瞬時に判断を翻したのを反映している場合の両方があるでしょう。

参加する準備が出来ていて相手側が受け入れている場合には、例え気持ちでは逆らっても結果的には参加してしまうのは不思議です。反対に勇んで参加しても、双方の状況がそぐわなくなると、参加しなくなります。

参加は、マナ増大の特効薬です。自分の力を最大限に発揮する機会になるだけではなく、相手を含めた多様な力が累積されます。一人では出来ない事が可能になります。人数ではなく、神々が働いて天地が寿ぐからです。

さらに、癒しと調和を目的にした活動に参加するなら、どれ程の力が天地から寄せられるか計り知れません。この様な活動に参加出する為どんな大金を積んでも無理です。時が満ち、内なる神の準備が出来、神々に招かれて初めて可能なのです。

追記
posted by kako at 13:56| Comment(0) | TrackBack(0) | フナ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。