2006年05月17日

戦争の放棄

日本国憲法 第2章 戦争の放棄
〔戦争の放棄と戦力及び交戦権の否認〕
第9条 日本国民は、正義と秩序を基調とする国際平和を誠実に希求し、国権の発動たる戦争と、武力による威嚇又は武力の行使は、国際紛争を解決する手段としては、永久にこれを放棄する。
2 前項の目的を達するため、陸海空軍その他の戦力は、これを保持しない。国の交戦権は、
これを認めない。

戦争を放棄するとは、国を守るという名目で人を殺したり殺されたりするのを阻止する積極的な行為です。日本では憲法で宣言しています。それを現政府が改悪しようとしているのは、何故でしょう。

憲法の平和条項改悪に生命を踏みにじっても権力と金力を増やそうとする意志が働いている限り、無視出来ません。

日本国民が自ら選択したのではなく、アメリカによる占領政策の一環として押し付けられた感じが強い日本国憲法を見直そうとする動きや論が敗戦後60年余左右翼から出され続けてきました。

しかし今改めて上記の日本国憲法条文を読むと、その理念の高さに打たれます。どんな大義名分をかかげても国家としても、個人としても殺さないし殺されないと宣言し続ける事を、日本国民の一人として私は守りたいと思います。

他方反戦の市民活動をいくらか経験して私は、反戦運動を展開する難しさについて思います。個人的熱意よりも政治的操作が優先されない様に見張ったり抑制する仕組みがまだ出来上がっていないだけではなく、集団での高揚感や自己満足的な“盛り上がり“に足をすくわれない様にするには、日々どの様な人との関わりで生活しているのかが、明らかに問われるからです。

街頭や集会でも勿論ですが自宅でも、平和の道を共に歩む動きを進めるのが可能です。出来る限りに自分の内が安らいでいてアロハのエネルギーで周囲を満たし、アロハとマハロの力を地球規模で分かち交わして暮らしたい、と私は願います。

参考(サイト):http://tohyou.exblog.jp/
         http://osaka9j.rz.com/index-2.html
          http://our.sakura.ne.jp/9/  
          banner9.gif
        
  (記事):サージ・カヒリ・キング『平和を実現する人々は幸いである』(こちら

追記
posted by kako at 09:22| Comment(4) | TrackBack(2) | 生き方 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。