2006年07月31日

シャーマン道

a_shaman2.gif

世界中のシャーマンには、大きく二つの道があります。

一つは、意識の力で悪を征服する戦士の道です。もう一つは、意識の変容でいくつもの世界を旅する
冒険家の道です。

ハワイ式シャーマンであるクプアは、冒険家の道を辿ります。

どちらのシャーマン道も、同じ地点に到着します。

シャーマンの働きは、癒しと調和をもたらします。そしてシャーマンは、日々共に幸せに暮らすのを
とても大切にします。
posted by kako at 06:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 生き方 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月30日

夏の感

intuition1.gif
posted by kako at 06:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 感じ方 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月29日

許しの技

releasing2.gif

許しの技」をアロハインターナショナル・ジャパンHPクプアのコーナーのクプアの技術の中に、掲載し
ました。

許しの技は勿論クプア(ハワイ式シャーマン)だけではなく、全ての人が試行可能な崇高な技だと思い
ます。
posted by kako at 11:15| Comment(2) | TrackBack(0) | 生き方 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月28日

すむ

flaming_memory.gif
posted by kako at 06:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 人生 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月27日

見極め方

decerning1.gif

日々与えられる色々なレベルでの情報や忠告、提示や啓示を見極めるには、シャーマンは次の三法則を基盤にします。
1. あらゆる存在に心がある。
2. 全てが繋がっている。
3. 全ての存在はマナを有する。

それで、ある特定の存在ややり方について次の様な捉え方をする場合には十分に注意を払います。
1. 唯一である。
;絶対化する。
2. 特別である。
;他を切り捨てる。
3. 〜すべきだ。
:飴と鞭を用いる。

また次の様な場合は勿論、社会的な判断力を用います。
1. 裏表がある。
2. 策略がある。
3. 騙しがある。

ただし物事や人の有様は、見かけと内実が全く違う場合が多々あります。極悪非道の人物と見なされる方や最低に思われる状況を通し、天啓が示される事が時にはあります。

見極める要は、自分の心(内なる神またはアウマクア)です。日々の暮らしの事ごとにおいて、自分自身の心と密接に繋がっているのが、とても大切です。

追記
posted by kako at 07:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 実践方法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月26日

響き方

sound.gif

アロハインターナショナル・ジャパンHPの手ほどきのコーナーに、セルフマナ・アチュー
メントの仕方を掲載しました(こちら)。

このセルフマナ・アチューメントは、今ここでの自分との響き方に重点を置いています。

それで、内なる神またはアウマクアやクからのメッセージ、あるいはロノからの指示を
響きとして受け取る練習にもなります。

posted by kako at 07:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 実践方法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月25日

シャーマンのいろは ハーで域を作る

ha_field.gif

ハワイ語ではha(ハーと発音する)は、数字の四、四番目、週の四番目の日(木曜日)、月の四番目の
日、音階のファ、または息をする、息を吐く、息を吹きかける;呼吸、生命などを意味します。



シャーマンは、このハーを用いて域を設けます。例えば写真や物を使ってグロッキングをするアチュー
メント・グロッキング(こちらを参照)では、次のように行います。

前もって対象の写真や物を臍の近くに置いておきます(床の上に座っている場合は床の上、椅子に腰
掛けている場合は机の上などに)。そして最初にピコピコかフナの完全呼吸をします(こちらを参照)。

それから臍の辺りで両手のひらを向かい合わせ(最初はあまり両手のひらの距離を離さないで、慣れ
たら少しずつ離していきます)、両手のひらの間に息を強くそしてゆっくり四回吐き出します。
次に両手のひらを向かい合わせたままで胸の前に持ってきます。そして両手の間に四回強くそして
ゆっくり息を吐き出します。

この様に対象物の周りにハーで域を作ってグロッキングをします。



この様なハーの域をラア・ケア(こちらを参照)を使う時やチャントの際にも、前もって作っておくと、効力
がとても高まります。

ラア・ケアの場合は、ハーの域が自分の周りや部屋全体、あるいは建物全体に広がるイメージをして、
その域を必要に応じた色の光で満たします。



チャントの場合は、チャントを始める前にハーで域を作り、自分のアカ体とアカ・ウェブを強化すると有効です。

アカ(aka)とはハワイ語で、影や反映、イメージ、類似;月が昇る前の薄い光;捧げ物本体よりもその
本質;現れる、月光の等を意味します。アカ体はエーテル体やアストラル体に似た概念で、物体の周り
を取り囲み、また物体に浸透しています。

またアカのネットワークであるアカ・ウェブは、思念の繋がりであるアカ糸で構築されていて、情報がやり
とりされます。



ハーの域は自分に固有な生命エネルギーの波長で満たされ、アカ体やアカ・ウェブとも関連して、自分
という生命存在が大きな影響を与える場を形成します。
posted by kako at 05:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 実践方法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月24日

シャーマンのいろは ロノから指示を受け取る

7-24a.gif
(NOAA Photo Library)

意識の自己であるロノ(Lono)の指示は生命エネルギーを方向づけ、無意識の自己であるク(Ku)の言動
や反応の仕方をプログラミングします。

ロノの指示は、常に結果的には関与する全てにとって最高な在り方をもたらします。

ロノの指示はとても簡素で過不足無く、裏表がありません。外見や体裁、気持ちが治まるなどの感情的
満足、そして奢りや見栄とは全く縁がありません。一見とても厳しいのですが、深い愛の現れなのです。

*

ロノの指示は、脳が感情や記憶に振り回されたり、分類や分析が得意で功利的な策を練ったり、非難や
評価をしたり、ついには裁いてしまうのとは対照的です。

*

ロノの指示は心の底で微かに響くので(声ではありません)、受け取るには練習が必要です。

何よりも心が静まっていなくては、ロノの指示は聞こえません。心が波立っていると、外からの声や脳の
防衛論理でかき消されるからです。

*

ロノの指示が時には(あるいは頻繁に)脳にとっては都合が悪く、割が合わない、と判断する事がありま
す。さらにしばしば脳は恐怖に襲われて心を閉じ、ロノからの指示を拒否します。

しかし脳は無意識の自己であるクの一部ですから、ロノの指示を土台にして脳は機能しなくてはなりま
せん。そうでなければ、過去のやり方を繰り返すか、借り物の考え方で模倣するか、外からの指示を
受け入れてしまいます。

*

意識の自己であるロノの指示を無意識の自己であるクに伝達するには、イメージが有効です。出来るだ
け頻繁に、明確にクにイメージでロノから受け取った指示を伝えると、より効果的です。

*

ロノから指示を受け取っているかは、日々の言動や周りへの反応の仕方で明らかになります。

ロノからの指示を受け取っていると、共に幸せな暮らしを創ります。

posted by kako at 11:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 実践方法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月23日

シャーマンのいろは 今を見つめる

a_lion2.gif

シャーマンは最初に、しかもとても大切に、今を見つめます。

  自然界には素晴らしい達人(?!)がたくさんいます。

          見事なお手本に感謝!
posted by kako at 13:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 実践方法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

祝祭の時

celebration.gif
posted by kako at 07:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 暮らし | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月22日

シャーマンの働き方 その4:シェイピング・ワーク

shaping_up.gif

シャーマンは身体を内なる神が宿る聖域であると同時に、身体を内なる神が物理世界で現われる通路
とも、見なします。そこでシャーマンは、儀礼において特に、自分の身体を通し内なる神が立ち現われる
のを祝います。

身体的場がない世界ではシャーマンは、意識による変容を通して内なる神を形として現わします。



まず夢や瞑想の世界である主観的世界では、全てが繋がっているのであらゆる現象が自分の在り方
の反映とみなされます。そこでは、イメージやシンボル、文字や言葉、数字や図形、音や響き、感触や
匂い、雰囲気などを通して内なる神が現われます。シャーマンは望む事を物理的世界で生起すため
に、この世界の在り方を変えます。



そしてエネルギーの世界である意識的世界では、光や音を初めそれぞれのエネルギーが独自の周波
数によって特定の情報を有しています。それゆえ、生命を源とするエネルギー振動を通して内なる神が
現われます。シャーマンは望む事を物理的世界で生起するために、このエネルギーを意識で方向付け
ます。



さらに生命そのものの世界である霊的世界では、全てのエネルギーの源である生命存在が、宇宙霊
または宇宙神として全てを統合しています。この宇宙霊あるいは宇宙神の分け御霊が、私達の内なる
神(アウマクア)であり、全ての存在の核(アクア)なのです。



シャーマンは自分の内なる神に直結する事で宇宙において揺ぎ無い場を確保し、全ての存在の内に
ある聖性を形に成す作業に従事します。
posted by kako at 03:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 実践方法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月21日

シャーマンの働き方 その3:ボディ・サンクチュアリー

  sanctuary2.gif

肉体を含めた無意識の自己をフナではク(Ku)と呼びます。

ク(Ku)は意識の自己であるロノ(Lono)と生命エネルギーである宇宙的な自己の
カネ(Kane)と連携して人としての在り方を形作り、展開します。

クは快を求め、苦を避けるのが独自の指針で、それ以外はロノの指示によって
プログラミングされた通りに言動し、外界に反応します。

*

意識の自己であるロノがクに頻繁に明確な指示を与えず、従来のやり方では巧く
機能しなくなると、クは周りで最も影響力の強い指示や考え方を代わりに取り入
れ、それにより言動や反応をし始めます。

それがあたかも霊か何かが憑依したかの様に見なされる場合があります。

*

しかし人の身体には、他の形と同様に、霊が宿っています。人の霊は、アウマクア
または内なる神と呼ばれ、聖なる意識である生命エネルギーそのものです。

人の霊は生命の源に直結しているだけではなく、他のあらゆる存在の霊(人間
以外はアクアと称します)とも一つに繋がっています。

*

たとえ自らの意思で内に宿る霊を明け渡そうとしても、宇宙の仕組みとして不可能
です。内に居る聖なる存在を追い出して他が入れ替わる事など、有り得ませんし、
内なる神を追い出せるどんな力も存在しません。

憑依現象にも似たロノからの指示が欠如している状態は、借り物の考え方や外から
の指示をロノが与える新しい考え方や指示に置きかえ、クがそのロノによるプルグ
ラム再編成を実行すると徐々に解消されます。

*

また確かに身体は有限ですが、つかの間の借着ではなく、内なる神が現に鎮まって
いる聖域です。

身体を内なる神が宿る聖域と見なし、その事を尊重して初めて、シャーマンは癒し
と調和の働きを為せるのです。

*

身体についての微細な考え方の違いは日々言動の端々に表れて、身体との関わり
や扱い、そして身体による周りへの働きかけなど実際面での差異はとても大きい
のです。

ご自分に直接問うのが最も正確ですから、どうぞアウマクアやクに自分の身体とは
何かを何度も繰り返し尋ねてください。

posted by kako at 08:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 実践方法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月20日

シャーマンの働き その2:マインド・ワープ

mind_warp2.gif

ガーデンティキとの繋がりが確固たる状態になった段階でようやく、シャーマンは意識を自在に広げ
複層の世界を瞬間移動し始めます。

霊的な基地が定まってもいないのに、多少の霊感に思い上がって肉体を見失い虚空をさ迷う者たちは
後を絶ちません。それゆえ、肉体のない存在が全て援助するとは限りません。似た波長は引き合うの
で、しっかりと見極めなくてはなりません。

たとえ癒しや調和を名目にしていても他の思いがどこにも潜んでいないのを、常に自分自身に問いか
け、行動の内因をすっかり明らかにしていなくてはなりません。



さてガーデンティキと確固たる繋がりを獲得したフナのシャーマンは、まず物理的、主観的、意識的、
霊的な四つの世界(こちらを参照してください)に瞬時で意識を切り替えます。さらに天上と地底の世界
そしてミドル・ワールドへ意識の旅をします(三つの世界の旅についてはこちらを参照してください)。

それは、今ここで最も効果的な癒しと調和をもたらす方法を探し、自分の働きの効力を発揮する為
です。



意識とは脳の機能ではなく生命そのものの様ですから、関与する脳が認知や記憶をしてもしなくても
シャーマンは、癒しが必要とされる対象の内から癒しと調和が生じるようにあらゆる側面から助けと
支えを与えます。

ただしシャーマンは他の援助する霊的存在と同様、基本的には求められなければ助けたり支えたり
しません。また状況や時期によっては、自らの判断で求められる助けや支えを控える場合も勿論あり
ます。

要求ばかりで受け入れず、自分自身の権威や力を放棄して他に依存するなら、助け支える存在は
遠巻きにして見守るだけです。



全ての癒しは内から生じます。自分自身との関わりが安らいで初めて、周りと調和が取れます。
決して逆ではありません。

またシャーマンは必要に応じて道化役を引き受けたり外見を変えますが、愚かではありません。
シャーマンが基盤にする古来伝承され発展してきた知恵は、見かけよりも高く深く、とてつもなく
大きくて豊かです。


posted by kako at 08:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 実践方法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月19日

シャーマンの働き方 その1:ガーデンティキ

garden_tiki1.gif

シャーマンが働く目的は癒しと調和に定まっていますから、働き方もその目的に
適っています。

ティキは本来意識のエネルギーそのものを意味し、その用い方は古来からの秘伝
の一つで、像としてのみ明らかにされてきました。

ガーデンティキは、内なる庭と称される自己意識内におけるティキの作用です。

ガーデンティキの行い方には、特別な作法や姿勢は必要ありません。

最初にゆっくり深い呼吸をする方が生命エネルギーの流れを促しますが、意識を
内に向けるだけでその作用を常に稼動させられます。

「私の内なる庭(あるいは自分の好きな場所)に入ります」と宣言するだけで(声に
出しても心の中でも結構です)、ガーデンティキと繋がるのです。

何となく何か(イメージやシンボル、文字や言葉、音や匂い、感触や雰囲気、特定
の感覚など)を感じたら、それが意味する事を自分で判断するか、ガーデンティキ
自体が示す意味合いを受け取ります。

自分が判断した事や受け取った意味合いを言動に移すと、ガーデンティキの祝福
輪が回転し、大いなる祝福の力を放射します。

より頻繁により具体的に感じ、より忠実に言動に移すと、ガーデンティキの効力が
高まります。

さらに自分が望む様にガーデンティキの在り方を変えると、周りの在り方も変わり
ます。周りにガーデンティキの連鎖現象が生じるからです。

(ティキと内なる庭についは、こちらを参照してください)





posted by kako at 10:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 実践方法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月18日

シャーマンの第三法則:全ての存在はマナを有する

mana_burst.gif

マナとは、心(アウマクアまたはアクアと称される存在の核である意識)によって方向付けられ
た生命エネルギーです。

シャーマンはマナで天地と支え合い、マナを人と分かち合い、そして自分のマナが内なる神を
動かします。

シャーマンがマナを用いて働くには、相手と心で繋がっていなくてはなりません。ですから
第二法則に、さらに第一法則に即し初めて、第三法則に即します。

シャーマンの三つの法則は、唯一の法則である「全ての存在は霊である」の三つの側面です。
posted by kako at 05:43| Comment(0) | TrackBack(0) | フナ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月17日

シャーマンの第二法則:全てが繋がっている

interconnection.gif

シャーマンが「全てと心で繋がる」と、二つの大きな効果が生まれます。

一つは、自分が望む事が引き寄せられます。

似た波長は引き合いますから、自分の波長を望む事に同調させると、自ずと望む事が寄ってきます。

さらに望む事を前もって感謝していると、引き寄せられる効力が倍増します。



もう一つは、周りが変わります。

周りと心で繋がっているならば、自分を変えると周りが変わるからです。

自分を変えるには、自分の見方を変えます。その練習法の一つとしては、鏡に自分を映して自分の良い点や好きな所、得意な事や能力の褒め言葉を毎日一分間でも言います。次第に、自分の素晴らしさがたくさん見えてきます。

自分の素晴らしさがたくさん見えると、周りの素晴らしさもたくさん見えます。
posted by kako at 06:02| Comment(0) | TrackBack(0) | フナ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月16日

シャーマンの第一法則:あらゆる存在に心がある

the_heart.gif

シャーマンが働く為には、まず最初に「あらゆる存在に心がある」のを確信していなくては
なりません。

あらゆる存在とは、人や動植物や鉱物、物体や建物、場所、出来事や現象、時代やその
変遷、特定の仕組みや組織、特定の性質や性情、特定の働きや作用などの可視不可視、
有形無形に関わらず自他、内外に影響を生じ得る在り方の全てを意味します。

心とは台風の眼の様で、ある存在が今ここで最大の生命エネルギーや最高の生命周波数
を発する核で鎮まる意識です(ハワイ語ではアウマクアやアクアと称します)。

*

次に調和や癒しの働きを必要とする相手と心で繋がる為には、自分が今ここでその相手と
向き合う意図や目的を宣言します。自分は誰で、何故、何を、どの様にするのかを明らかに
するのです。

宣言を通して自分の在り方が相手の心と同調し始めると、調和と癒しが生じます。

宣言が鮮やかで澄み渡っている程、効力が高まります。宣言はチャントやアファメーション、
祈りなどを総合していて、自分の内なる神(アウマクア)を 「アウマクア、アロハ&マハロ」
と賛美する事で始め、終えます。

*

宣言だけでも十分効果がありますが、より強力にするにはハイプレと称される、自分の意識
エネルギーであるマナ(こちらを参照)を用いて意識を自分が望む事に向け、生起するのを
祝福します。

ハイプレの秘訣は、自分が望む事が生起するのを前もって感謝するのです。宣言した様に
事が成るのを前もって感謝するのは、事実として認定するのと同様の働きです(ハイプレに
ついてはこちらを参照)。
       
posted by kako at 08:29| Comment(0) | TrackBack(0) | フナ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月15日

ある土曜日

the_hidden.gif
posted by kako at 07:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 暮らし | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月14日

A Hawaiian Image

a_hawaiian_image.gif
posted by kako at 14:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 感じ方 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ある金曜日

clear_the_way.gif
posted by kako at 06:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 暮らし | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。