2005年12月14日

根拠

winter_sunrise.JPG北国の冬の朝日

私が語る時の根拠は、まず自分の体験、そしてフナの知恵、そして直感です。

自分の体験は他の人には、殆どそのままは伝わりません。フナではトーク・ストーリの手法を用います。「物語り」ます。

フナの知恵は、今・ここで生きています。意識を向けると、知恵が浮かび出ます。

その時その場で語る事がひらめくのです。ひらめきは、新鮮な驚きで満ちています。

内なる語り部が語ると論理は飛躍し辻褄は合いませんが、心で通じ合えるのが歓びです。

posted by kako at 08:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 考え方 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。