2006年04月25日

宣詞

ka-mu-naka-la.gif 

            一切成就(いっさいじょうじゅ)・清浄宣詞(きよめののりごと)     
 

天照大神(あまてらすおおかみ)の宣(の)りたまわく

人(ひと)は天下(あまがした)の神物(かみもの)なり すべからく天下(あまがした)静か(しずか)にして 
平(たい)らかならむとつとむるべし 

心(こころ)は神明(しんめい)の本主(みなもと)たり わがたましいを傷(いたま)しむることなかれ 
この故(ゆえ)に

目(め)に諸々(もろもろ)の不浄(ふじょう)を見(み)て 心(こころ)に諸々の不浄を見ず
耳(みみ)に諸々の不浄を聞(き)いて 心に諸々の不浄を聞かず
鼻(はな)に諸々の不浄を嗅(か)ぎて 心に諸々の不浄を嗅がず
口(くち)に諸々の不浄を言(い)いて 心に諸々の不浄を言わず
身(み)に諸々の不浄を触(ふ)れて 心に諸々の不浄を触れず
意(こころ)に諸々の不浄を思(おも)いて 中心(なかご)に諸々の不浄を想(おも)わず

この時(とき)に清(きよ)く潔(いさぎよ)きことあり 諸々の法(のり)は影(かげ)と像(かたち)との如(ごと)し 
清(きよ)く潔(いさぎよ)ければ仮(かり)にも穢(けが)るることなし 

説(こと)を取(と)らば得(う)べからず 皆(みな)花(ばな)よりぞ木(こ)の実(み)とは生(な)る 

我身(わがみ)は則(すなわ)ち六根清浄(ろっこんしょうじょう)なり 
六根清浄なるが故に 身体(しんたい)健(すこ)やかなり 
身体健やかなるが故に 天地(あめつち)の神(かみ)と同根(どうこん)なり 
天地の神と同根なるが故に 万物(ばんぶつ)の霊(れい)と同体(どうたい)なり 
万物の霊と同体なるが故に 祈願(ねご)うこと成(な)り就(ととの)わずということなし

極(きわ)めて汚(きたな)きも滞(たま)りなければ 汚(きたな)きものはあらじ
内外(うちと)の玉垣(たまがき)清(きよ)く浄(きよ)しと申(もう)す


この宣詞は、『ヒーリングルーム ひふみ』の言霊で紹介されているものです(こちら

マハロ ア ヌイ ロア (たくさんのマハロ)

                                晴れ画像には、『ヒーリングルーム ひふみ』で掲載
                                 されている霧島神宮山神社の画像を用いさせて
                                 いただいています。
【関連する記事】
posted by kako at 19:15| Comment(0) | TrackBack(1) | 神事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

雨にも負けず 意外などっこいしょの話
Excerpt: 月齢 2.3日  ■六根清浄とどっこいしょ■  私、方城渉の「趣味の修行」のベースは 修験道(山伏)の山岳修行だ(あくまでも趣味の話です)。  修験道(山伏)の山岳修行とは けわ..
Weblog: 宮沢賢治の風
Tracked: 2006-04-30 11:04
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。