2006年03月31日

雪春

snowing_spring.gif

                
posted by kako at 13:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 暮らし | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月30日

2006年03月29日

春に降る雨

spring_rain1.gif

                春に降る 雨の雫は 待ち焦がれ 寝ずの森も 端折った 

                      ときめいて 一歩も踏み出さず  見つけた

                後ろめたい 天空が レンズ色で 雑念が消え 遠かった

                      立ち上がり 横向いて 布を巻き 鍵かけた
  
                木漏れ日の うち振るえて 何時と 問いつつ  寝返った
                     
                      もういいんだ 戻っておいで 木霊聞こえた

 

 
posted by kako at 14:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 暮らし | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

今朝は雨

rainy_morning.JPG

一雨ごとに 春が 近づく・・
posted by kako at 06:05| Comment(2) | TrackBack(0) | 暮らし | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月28日

自然の力

power_of_nature.gif

自然の力には、要素があります。火・風(大気)・水・地が通常ですが、フーナー
では地の変わりに石を用い、植物、動物、人間を加えます。私はさらに、意識を
加えたいと思います。

自然は定まった法則によって現れながらも、必ずその時その場で自然自体と
人の意識が相まって働いているからです。

人には自然による無差別攻撃や無意味な破壊に見えても、その裏では昇華の
摂理も作用しています。

自然との調和には、衣食住の細部にまで「自然に優しく」暮らす知恵が見直され
ます。それは、私たちにとっても優しい暮らし方になります。

さらに人も本来自然ですから、自分達の意識が自然に反映するのを知るなら、
自然との協働も始められるでしょう.

その導入として、自然と響きあう一つの練習法があります。自然の要素;「エ
レメントへの働きかけ」について、こちらをご参照ください。

自分達自身の自然との調和も含めて自然と響き合う関係を築くなら、自然の力
がもたらす豊かな恵みと幸に感謝せずにはいられません。

posted by kako at 09:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 暮らし | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月24日

今朝も雪

a_late_winter_mountain1.gif

家の裏にある藻岩山 吹雪で霞む 今朝の様子です 

桜が満開にも 見間違う 冬の終わりの山景色です
posted by kako at 07:47| Comment(2) | TrackBack(0) | 暮らし | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月22日

春へと一歩

one_step_towards_spring.gif
posted by kako at 07:23| Comment(3) | TrackBack(0) | 暮らし | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

大地の力

snowed_earth.gif
posted by kako at 05:36| Comment(2) | TrackBack(0) | 暮らし | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月21日

今朝も雪

another_snow_morning2.gif

     今朝も雪です 春を覆い隠してしまったかな・・
posted by kako at 06:44| Comment(2) | TrackBack(0) | 暮らし | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月20日

雪の朝

snow_morning_with_the_frame.gif

           札幌は雪の朝です それでも春は間近です
  
posted by kako at 07:26| Comment(4) | TrackBack(0) | 暮らし | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月06日

ラカ

laka.gif  
    ラカ(Laka)は、フラの女神として知られていますが、
    森の女神でもあります。

    Lakaというハワイ語には、従順な、なれた、優しい、  
    素直な;魅了される、好みの:熱意や感心を注ぐ、
    魅了する、などの意味があります。

    ラカは精霊を魅了し、人の情熱を掻き立てるのです。
    その結果、子宝を含めた富が増すと言われます。

    フラダンサーはその高みでは、ラカの手に導かれて
    神々と踊り、天地を寿ぎ創造します。

    ラカの働きは閃きによる成長をもたらし、愛による
    調和も生み出します。

    ラカに意識を向ける程、暮らしが地に深く根をはり、
    恵みが繁茂し、心が躍るでしょう。

posted by kako at 10:38| Comment(1) | TrackBack(0) | 暮らし | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月03日

レイ

lei.gif

ハワイのレイ(Lei)は有名で、歓迎のしるしとして知られています。

レイは本来は、丸い形や円形を意味します。

丸い形は女性性を表わすので愛を、そして円形は円環として永遠を
象徴します。

それでレイは、愛が永遠に働き巡るのを思い出させます。

またレイには、跳び越える、飛び越えさせる、投げ飛ばす、放り上げる、
撒き散らす、湧き上がるなどの意味があります。

それでレイは身につけていると力が一層発揮され、フラを踊る時や儀式を
行う時には必ず用いられます。

レイが持つ力が子供を守るとされるので、出産の際に贈られたりもします。

瞑想や創造的な働きをする際にレイを身にまとうと、そのレイの色と素材
(花や葉、貝や木の実、羽根、絹や紙、ビーズなど)が持つ力も加わって、
より力量を発揮できます。


    フーナーで用いられる七色は、次の通りです。

       白、または透明 - ike 表出
       赤  - kala 無限
       オレンジ - makia 集中
       黄  -  manawa 今
       緑  -  aloha 愛
       青  - mana 力
       紫  - pono 完全 
    

工夫次第で私たちの暮らしの中でレイは、もっともっと活用出来るでしょう。

       アロハ & マハロ

posted by kako at 07:40| Comment(2) | TrackBack(0) | 暮らし | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月02日

  shimahukurou2.jpg

北海道には翼を広げると2m程にもなる世界最大といわれるシマフクロウ
が生息していますが、絶滅に近い状態になっています。

シマフクロウの食べ物はマスやウグイなどなので、川魚が育つ川と茂った
河畔林が、シマフクロウの生息には不可欠です。環境の悪化が、シマフク
ロウの数を激減させています。

森は原生林さえも人の手が入り無用な伐採を繰り返し、河川は堤防がコン
クリートで固められ、流れる水は汚染されています。ある川の水の汚れの
原因は、82%が生活排水だとされています。私たちの毎日の暮らしでのちょ
っとした配慮が、シマフクロウをも救えます。

梟はハワイでは重要なアウマクア(この場合は先祖神)の一つですが、
アイヌ民族でもシマフクロウは、コタン・クルカムイ(部落を守る神)と
呼ばれる神の鳥なのです。
posted by kako at 07:15| Comment(1) | TrackBack(0) | 暮らし | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月01日

メネフネ

menehune.gif

ハワイ語でメネフネ(Menehune)と呼ばれる、小さなあるいは大きな働き者
たちは、夜になると仕事を始めます。朝までに仕事をし終えないと、そこで
終わりにしてしまうと、言われます。

石を使った仕事が得意で生簀や池、道路や寺院などメネフネが作ったという
伝説がカウアイ島のあちらこちらに残っています。

メネフネは伝説とされていますが、その名前はある実際的な在り方を指し
示しています。

    (Menehuneの語根と意味は次の通りです。

     mene のろま、無愛想さ;ぼんやり見える、のろい     
     hune 貧しい、極貧;とても小さい、 繊細な
      hu  昇る、膨れる;発酵する、徐々に変化させる、溢れる
     nehu 魚の一種
     'ehu  噴霧、泡、霧
      une  レバー、てこ)

人目につかず、ゆっくりしかし着実に、全体を見通し一つひとつの置き所
を見極め、微細に調整しながら根気強く積み重ねていく働き方です。

ハワイでは困難な作業をする時にはメネフネに協力を頼みます。その時は、
彼らにとっての食べ物を供えるのが礼です。彼らはただ働きを好みません。

追記
posted by kako at 06:18| Comment(3) | TrackBack(0) | 暮らし | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年02月28日

ALOHA

    aloha_circle1.gif     

              aka  反映 投影 イメージ

             lewa  空 天空 浮かぶ 

             ohana  家族 親戚 仲間

             haku  主 監督者 所有者

             ahi  火 稲光 焼き尽くす
posted by kako at 05:51| Comment(3) | TrackBack(0) | 暮らし | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年02月27日

冬の雨

rain_over_snow1.gif

       白い大地に降る雨は 春を先取り心を集める

       白い大地に降る雨は 冬を固めた息を温める

       白い大地に降る雨は 春を夢見ぬ虫を揺する

       白い大地に降る雨は 冬を見送り風を立てる

       白い大地に降る雨に 母を振り向き手を握る
posted by kako at 05:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 暮らし | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年02月26日

pohaku.gif

石はハワイ語ではPohaku(ポーハクと読む)と、称されます。

ポーハクは岩、石、鉱物、石版、重石などの他に、雷鳴も意味します。

語根のpo(ポー)は夜、闇、曖昧;見えない(地下や神々の)世界、神々に関連した事を、hakuは主、見通し、雇用者、所有者;構成する、発明する、調整する、編むなどを意味します。

石の隠れた意味は、「見えない力を宿す」です。

石はハワイでは大地の骨と見なされ、強力なマナが宿っていると考えられるのです(人骨を含めた様々な骨、貝殻、歯や象牙なども同様の効力を発揮します)。

石はアウマクアや自然の力、そして人間との関係(別れや出会い、誕生や死)を象徴します。

石にまつわる伝説はハワイには多く、オアフ島にあるHapu'uとKalaihauolaという石の上に臍のをを置くとその子の生命が助かるという伝説がありました(現在は残念にも形なくなってしまっています)。

モロカイ島のKauleonanahoaという石には女性がレイなどの贈り物をして一夜を過ごすと妊娠するという伝説があります。

オアフ島の生命の石(魔法の石)も有名で、タヒチ人のKapaemahu、Kapuni、Kinohi、Kahaloaという名のヒーラーが自分達のマナと名前を石に与えたとされています。

他方石を無断で持ち出すと良くない事が起こる、と観光客の間で風説になっている様です(特に溶岩を持ち出すとペレの怒りを招く、のだそうです)。

石にも意識があるとフーナーでは見なしますから、石と会話をして許可を得て持ち帰り大切にするなら全く問題がありません(常識や礼儀を守る必要は勿論あります)。

身の回りに適切な石を置いたり身につけると、石本来の力と同様に石を通して伝えられる愛が私たちの暮らしに豊かな恵みを与えたり、支えにもなるでしょう。

            アロハ & マハロ
追記
posted by kako at 07:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 暮らし | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年02月14日

アロハ

the_sun_with_aloha.gif         

    ハワイではあいさつはいつでも、どこでも、だれとでも アロハ

        今生きているのを一緒に歓びましょう アロハ

           ハイ 今日を楽しみましょう アロハ

            悲しまないで 微笑み アロハ

             ちょっと痛くても アロハ

              アロハ アロハ アロハ

       


posted by kako at 05:50| Comment(4) | TrackBack(0) | 暮らし | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年02月12日

土地の気を読む その1

a_window_facing_east_and_south.gif

土地の気を読む人をハワイでは、kuhikuhipu'uoneと呼んでいました。
「同じ砂山を指さす」という意味です。

土地の気を読む為の訓練において、どこかの砂山にカフナ(師匠)が
隠した物を感じてカフナと同じ砂山を指さすと、OKだったからです。

(ハワイ語のkuとhiは陽と陰を意味しますし、pu'uoneは易断という意味も
 あり、ハワイ版風水師です)

土地の気を読む為にpaoaというダウジング棒が使われますが、観察眼、
直感、想像力が重視されます。

ハワイでは自然現象などの全てにakuaと呼ばれる霊が宿っているので、
その土地の霊と語るには、直感や想像力が重要なのです。

集会所など建物を築く前に必ず、その土地の霊に許可を得なくてはなり
ません。

特に火山の麓や火山の近くに建てるには、慎重にその土地の気を読み、
そして丁重な儀礼を行ってペレに敬意と感謝を表して許可を得ます。

火は破壊力を持つだけではなく、光と熱を発するエネルギー源ですから
適切に用いると幸豊かな力を発揮します。それで東南の方位に、窓や
開放口を設けたり花や植物などで飾り、夜には蝋燭(出来れば赤い)を
を灯します。

                  アロハ

追記
posted by kako at 08:34| Comment(4) | TrackBack(0) | 暮らし | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年02月07日

至福の時

blissful.gif
posted by kako at 05:35| Comment(3) | TrackBack(0) | 暮らし | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。